人[日本語]

What makes a community diverse? Is it when the ethnic population rises above a certain level? Or is it when the community acknowledges the existent diversity, however small?

At approximately 2% of the total population, Japan has a comparatively small immigrant population. Some of these immigrant families have resided in Japan for many generations. Some are part of the more recent wave of immigration, namely first and second generation immigrants. The reasons behind their decision to remain in Japan are as varied as the individuals themselves, but they all strive for the same reality. They want a happy, safe, and comfortable life in their adopted home. However, as foreigners, they are faced with unique challenges.

Although non-native residents account for a small fraction of the total population, their contribution to Japanese society and their ties to the country are no less significant. However, they are not always fully embraced as members of the community. Moreover, terms such as ‘foreigner’ and ‘foreign resident’ are commonly used to refer to non-native residents, including those who have made it their permanent home. This attitude has contributed to a barrier to better understanding between Japanese and non-native residents.

As such, it is crucial to foster discourse about the status and role of non-native residents in an increasingly diverse Japanese society and how both Japanese and non-native residents can benefit from a more multicultural Japan.


どういう状態であれば、多様性のあるコミュニティーといえるのでしょうか。移民の人口がある一定数を超えたら、でしょうか。それとも、移民人口が少なくとも、コミュニティーが多様性が存在していることを認識したらば、でしょうか。

日本における移民の数はおよそ全人口の2%であり、日本は比較的に移民人口の少ない国です。移民の中には、先祖代々に渡って日本に居住してきた人達と、第一世代移民、第二世代移民と呼ばれるような、より最近になって移住してきた人達がいます。日本にとどまることを決めた理由は個人により異なりますが、みな同じことを目指して日々闘っています。誰もが幸せで安全で快適な暮らしを日本で送りたいを考えているのです。しかしながら、外国人として彼らは特殊な困難に直面しています。

非日本人居住者は全人口のわずかな部分しか占めていないわけですが、彼らの日本社会への貢献度や、日本とのつながりは軽視できません。しかしながら、彼らが同じコミュニティーのメンバーとして容認されているとは言い切れません。それどころか、日本では、日本を永住の地として選んだ人々までもが“外国人”、“外国人居住者”と当たり前に呼ばれることがあります。このような状況も日本人と非日本人居住者の間の壁を作ってしまっているのかもしれません。

だからこそ、対話を育み、多様化する日本社会で非日本人居住者が担っている役割を認識し合い、日本人と非日本人が多文化社会からどのような恩恵を受けることができるか共に考えるべきなのです。

PROJECT プロジェクト
PEOPLE 人
ART アート    
ARTIST’S STORY
ストーリー    
BLOG
ブログ

Contact: kieu[a]boundinjapan.com