[日本語]

BOUND IN JAPAN is a community book art project about diversity.

“Japan is a homogeneous nation.” That’s a known fact, right? Well, it’s not exactly true. Did you know that Japan’s immigrant population has been increasing every year for several decades? Japan is growing into a multi-ethnic, multicultural society. This kind of growth is a challenging process, and enhancing transcultural interaction and understanding within the community is crucial.

Bound in Japan is unique since it will provide a creative forum for native and non-native Japanese residents to interact and learn from each other through the production and sharing of book art.

BOUND IN JAPAN is art, history, and storytelling—all in one!

Book art is an art object that explores the form or concept of the book. The book art produced by Bound in Japan participants will be presented as an interactive exhibition at the end of the project. This exhibition will offer both the Japanese and the international public an opportunity to re-examine Japan through the stories of the foreigners who have chosen to call it home.

BOUND IN JAPAN aims to engage 100 people in the creation of book art.

As the project aims to highlight the diversity within Japanese society, the majority of workshop participants will be non-native residents, giving them the opportunity to share the joys and challenges of living in an adopted country through the book art medium. Additionally, in the spirit of fostering exchange, a number of workshops will include participation from both native and non-native Japanese residents.

There are many local organizations in Japan that serve the non-native community and promote intercultural exchange. Bound in Japan aims to work with these organizations to coordinate workshops for their members. Participants will learn basic image-making and bookmaking skills and will be guided through both the development of a story and the execution of their book art.

Workshops are open to individuals of all artistic levels. They will be conducted in both English and Japanese.

BOUND IN JAPAN was inspired by personal experience.

The artist behind the story: Thien-Kieu Lam. Kieu was born and raised in Louisiana in a bicultural, bilingual home. The United States is her native country, but she also considers Japan home. Kieu lived in Kagoshima, Japan, for three years and has continued to visit frequently. One day she thought, “Well, what if I choose to settle in Japan? What would my life be like?” She thought about all the struggles her immigrant parents overcame, and she remembered the challenges that she faced while in Japan. That’s when she realized there’s a lot more to be done to fully connect immigrants with their Japanese communities. And, thus, Bound in Japan was born.

Kieu believes that creativity can and should be a part of everyone’s life, and she is very excited about making a social impact while engaging local communities through book art.

The BOUND IN JAPAN adventure begins in summer 2011!

Bound in Japan workshops will be held in various regions throughout Japan. Likewise, regional exhibitions will be held to present locally produced book art and to encourage direct engagement among Bound in Japan participants and their home communities.

Artist Biography

Thien-Kieu Lam’s relationship with Japan spans three years in Kagoshima as a participant of the Japan Exchange and Teaching Program (2003-2006) and more than four years working at the Embassy of Japan in Washington, DC (2006-2011). She holds a degree in fine arts and has been practicing book arts for ten years. In 2010, Kieu was a member of the steering committee for the 11th Biennial Pyramid Atlantic Book Arts Fair and Conference, and she looks forward to engaging the community in more great art events, starting with Bound in Japan in 2011.

PROJECT プロジェクト
PEOPLE 人     
ART
アート     
ARTIST’S STORY
ストーリー      
BLOG
ブログ

バウンド・イン・ジャパンは、コミュニティを通じて日本の多様性を追求するブック・アートのプロジェクトです。「日本は単一民族国家」です。それは周知の事実のようですが、実際にはそうではありません。皆さんは、日本で過去数十年にわたって移民外国人の数が増えつづけていることをご存知でしょうか。日本は他民族、多文化社会に変わりつつあるのです。このような変化は困難を伴うプロセスで、文化横断的な交流と、異文化に対する理解が不可欠となります。

バウンド・イン・ジャパンは、日本人と非日本人居住者との間に開かれた交流の場を提供し、ブック・アートの制作と共有を通じて相互に学び合うことを目的とした、これまでに無い試みです。

バウンド・イン・ジャパンでは創作したブック・アートを展示し、一つの場でアート、歴史や物語に触れることができます。

ブック・アートは、「本」の形態や概念を模索するアートです。バウンド・イン・ジャパンの参加者によって作られたブック・アートは、プロジェクトの最後にインターアクティブな展示会で公開されます。この展示会は、日本を「自分の国」として選んだ外国人の物語を通じて、日本で今起こっていることについて、日本人と世界中の人々が改めて考える機会を提供するものです。

バウンド・イン・ジャパンは、100人の参加者でブック・アートの制作に取り組むことを目的としています。

本プロジェクトは、日本社会における多様性に焦点をあてることを目的としているため、参加者の大半は非日本人居住者となることを想定しています。彼らにブック・アートを媒体として、日本での生活で楽しいこと、困難なことを共有する機会を提供すると同時に、さらに日本との関わりをより深めるため、日本人も多くのワークショップに参加します。

日本には、日本に移住した外国人の生活を支援し、文化交流を促進するための組織が数多く存在します。バウンド・イン・ジャパンでは、そうした組織と協力してワークショップを開催します。参加者は基本的な表現方法と、本の作成に必要な技術を学び、さらには表現を物語として発展させ、ブック・アートに仕上げていくための指導を受けることもできます。

ワークショップへの参加は、アートの経験の有無を問わず全ての希望者を歓迎します。ワークショップは英語と日本語の二カ国語で行なわれます。

バウンド・イン・ジャパンは、自分の経験がインスピレーションとなって生まれました。

ティエン・キュウ・ラム:アーティストの背景

キュウはアメリカ合衆国ルイジアナ州のバイリンガル・バイカルチャーの家庭に生まれ育ちました。アメリカ合衆国はキュウの母国ですが、キュウにとっては日本も「自分の国」です。キュウは鹿児島県で3年間暮らし、その後も頻繁に日本を訪れています。そしてある時から、「もし日本に移住したら、私の生活はどんなものになるのだろう」と考えるようになりました。キュウは、自分の両親が移民としてアメリカにやってきてから経験した困難のことを思い、また自分が日本に住んでいる間の大変だったことを思い起こしました。その時にキュウは、移民が完全に日本社会と結びつくためには、もっとなされるべき必要なことがあると気付きました。

キュウは、創造性は全ての人々の生活の一部に取り入れることができるもので、またそうであるべきだと信じています。そして、ブック・アートを通じて地域コミュニティと関わり合い、社会的なインパクトをもたらしたいと願っています。

バウンド・イン・ジャパンのアドベンチャーは、2011年夏に始まります

バウンド・イン・ジャパンのワークショップは、日本全国の複数の地域で開催されます。同様に、各地域で地元で制作されたブック・アートの展示会を開催し、バウンド・イン・ジャパンの参加者が地域コミュニティと直接関るための機会を提供します。

アーティスト略歴

ティエンキュウ・ラムと日本との関わりは、JETプログラムに参加し3年間を鹿児島で過ごしたこと(2003〜2006)に始まり、その後は4年以上にわたってワシントンDCの日本大使館で勤務しました。美術学で学位を取得し、ブック・アートの制作歴は10年以上に及びます。2010年には第11回ビエニアル・ピラミッド・アトランティック・ブック・アート・フェアの運営委員を務め、今は2011年から始まるバウンド・イン・ジャパンだけでなく、他にも地域コミュニティと共同で行なうプロジェクトを模索しています。

PROJECT プロジェクト
PEOPLE 人     
ART
 アート     
ARTIST’S STORY
 ストーリー      
BLOG
 ブログ