This slideshow requires JavaScript.

[日本語]

Thanks to We Are One Japan and Café Frosch, Bound in Japan had an excellent workshop yesterday. We had participants from Japan, Germany, Holland, and Hong Kong who are currently living in Kyoto and Kobe.

It has been fascinating to observe each workshop and the way each person approaches his or her book. The Kyoto workshop may have been the first workshop where everyone adopted paper cutting as her main pictorial expression. Even so, the results were all different and clearly reflected each person’s individuality.

In the beginning it never occurred to me that I was teaching people how to make art. I simply thought that I was introducing people to a new form of art — book art. However, most of the participants are not artists and do not regularly engage in the act of creating. I find myself often talking about the process of art making.

Participants are sometimes frustrated that the reality of their handiwork does not match the image in their minds. I frequently find myself emphasizing that although the workshop is a one-day affair, art usually is not. And that change and evolution is part of what happens as you continue to work on your idea.

So I encourage them to view the workshop as a learning experience and use their newly gained skills to create even better and more satisfying books in the future. I am confident that there are some budding book artists leaving my workshops.


We Are One JapanCafé Frosch の協力をいただき、昨日バウンド・イン・ジャパンのワークショップを京都で開催しました。参加者は日本、ドイツ、オランダ、香港出身で今京都と神戸に住んでいます。

各ワークショップで指導をしながら、私はいつもいろんな角度から観察しています。参加者は同じ形の本を作りますが、皆さんは自分の本に対してそれぞれのアプローチを持ってとても面白いです。昨日のワークショップも例外なく、全員が切り絵にはまっていたけれど、その切り絵の作り方や使い方が異なってそれぞれの本に個性が出ました。

バウンド・イン・ジャパンのワークショップを行った最初は、私はアートを教えているとは思っていなかったです。ただ、皆にあまり知られていないアートの分野、つまりブックアートを紹介していると思っていました。しかし、参加者の多くはアーティストではないし、作り物もほとんどしていないようで、ワークショップで実際に本を作ってみると、自分の思った通りにいかなかったらショボンとする人もいます。

だから、私はものを制作するプロセスの話もよくしています。一日で作品を完成するのは難しいと決まっています。作品を出すのに、時間をかけて自分が納得するまで作ったり作り直したりするのは普通です。でも、ワークショップだから時間が限られています。

ワークショップでできた本はもちろん皆さんの宝物ですが、結果より経験として楽しんで学んだことを新しい挑戦で生かせばよいと皆に勧めています。バウンド・イン・ジャパンのワークショップを「卒業」した人の中では、ブックアートの世界へ歩み続ける人は何人かいるでしょう。