[日本語]

In a previous post, I referred to Yanedan as an artist collective. It’s actually much more diverse than that. About 300 people live in the collective, and they are engaged in various activities, from agricultural developments to brewing shochu and, of course, making art. People from all over the country come to visit and study the practices conducted at Yanedan.

There are seven artists currently living in Yanedan, and I was fortunate enough to have the hospitality of the Kawanos while there. Seiichi and Shizue are both very artistic people who instantly embraced book art and made great efforts to ensure the success of the two workshops at Yandan. I’m grateful to them for being my host family and introducing me to a broader community of creatives in Kagoshima.

I lived in Kagoshima for three years and never knew such a place existed. It was wonderful to visit and teach at Yanedan. I hope that someday I’ll have the opportunity to come back and learn more about this unique community.

I couldn’t have asked for a better location to kick off Bound in Japan. My thanks go out to Yanedan, the Kanoya International Exchange Association, and Nathan Bastin for making it possible.

the Kawanos


この間ブログで、やなでんってアーティストの集落と書いていましたが、アートの他にいろんな活動がしています。集落に約300人が住んでいて、農業、焼酎の醸造やアートを含んでやねだんの皆さん様々な分野で活躍しています。見学に日本全国から人が来ます。

現在7人のアーティストがやねだんで暮らしています。その中に河野家がいます。やねだんにいる間、私は河野家でホームステイをしました。セイイチさんとシズエさんはふたりともクリエティーブでブックアートにすごく気に入ったし、バウンド・イン・ジャパンのワークショップのために努力しました。私はふたりにとても感謝しています。

私は3年間も鹿児島県に住んでいたのに、やねだんのことをぜんぜん知りませんでした。ここでワークショップを開くことができて本当によかったです。機会があればまたこの素敵なコミュニティーを訪れたいと思います。

やねだんはバウンド・イン・ジャパンのいちばん最初の会場として完璧でした。やねだん、鹿屋市国際交流協会とネイサン・バスティンさんの協力に心より感謝しています。