A project bound for Japan would not be complete without information in Japanese–so here it is! The About pages have been translated by my good friend Ayako and now offers information about Bound in Japan in both English and Japanese. Despite our busy schedules, we have managed to complete the translation over several lunch and dinner meetings.

I couldn’t have asked for a better translator. Ayako didn’t simply translate what was on the page. She really got to the heart of the project, getting a grasp of the ideas and objectives, and giving them life in another language. She asked a lot of great and specific questions, and after all that grilling, I feel much better prepared to explain and promote the project. I still need some practice doing it in Japanese though!

A big and hearty thank you to Ayako! And another round of thanks to those who have served as editors and reviewers! どうもありがとう!

THE PROJECT プロジェクト

バウンド・イン・ジャパンはコミュニティーアートを通じて日本の多様性についての対話を促すプロジェクトです。日本に住む非日本人居住者は、彼らの 経験をブックアートを通じて表現します。彼らは、まずはイメージ作りや本作りの基本的な技術を学び、複製可能なミニ雑誌や一つだけの特殊な本など様々なブッ クアートを創作できるよう、徐々に指導を受けていきます。彼らのブックアートは展示会で発表され、日本国内外の人々が日本を居住国として選んだ外国人の視 点を通じて日本を再考慮するきっかけとなるでしょう。

非日本人の人口は2%にも満たないことから、その存在は見過ごされがちです。しかし、その約2%の人々にそれぞれの人生があります。そんな彼らが創 るブックアートは、彼らの生活を紹介し、なぜ日本に住むことになったのか、日本での生活の楽しい部分、異国で新しい基盤を築く難しさや挑戦などの、個人的 なストーリーを分かち合ってくれるでしょう。

日本の移民人口は着実に増えてきており、今後も上昇し続けるでしょう。日本が多文化社会に移行するにつれて、日本人と非日本人居住者の間に、さらなる交流と相互理解が必要となるのではないでしょうか。バウンド・イン・ジャパンは、まさにその交流と相互理解を促すためのユニークな試みなのです。

PEOPLE 人   ART アート   ARTIST’S STORY ストーリー